スペイン語の独学勉強方法おすすめ6選はコレだ!最短2ヶ月で習得!

このサイトでは、私が今まで試してきたスペイン語の勉強法の中で、
効果があった方法や勉強のコツなどを分かりやすく紹介しています。

こちらの記事では、独学でスペイン語を勉強するにあたっての
心構えやおすすめの勉強法を詳しく書いています。

独学でも遠回りせずに、最短でスペイン語を習得しちゃいましょう!

スペイン語を独学で勉強するには、いくつかのコツがあるよ。そのコツを掴んでいこう!

それでは、早速見てみることにしましょう!

スペイン語をなかなか話せるようにならない人必見!!
独学ながらも、最短2ヶ月で話せるようになる格安スペイン語教材はこちらのリンクをクリック!

スペイン語の教材を見てみる

↓↓スペイン語さくっと習得プログラムの詳細はこちらの記事で↓↓

独学でスペイン語を勉強するには何が必要なのか?心構えはコレだ!

初めてスペイン語を独学で勉強するのはもちろん、
すでに独学で勉強しているけどなかなか上達しないなど、
独学で勉強するにあたっての悩みがあるかと思います。

かくいう私も独学で学んでいたので、気持ちはよく分かります。

スペイン語を独学で勉強するにはどんな心構えが必要なのでしょうか。
確認していきましょう。

モチベーション維持は必須!

スペイン語だけでなく何事もそうですが、
モチベーションがないと勉強が続きません。

最初の頃はやる気があって勉強もはかどるのですが、
月日が経つにつれその気持ちが薄れてきますよね。

ましてや独学だと、一緒にスペイン語を学ぶ仲間もいないので、
さらにやる気が萎えていくのではないでしょうか。

そのため、勉強を続けて行くにはモチベーションを持ち、
日々維持していくことが必要になります。

ここで思い出してみてください。

あなたがスペイン語を勉強する目的は何ですか。

「スペインを旅したい」
「スペイン人と友達になりたい」
「スペインでサッカー観戦をしたい」

など、いろいろあると思います。

モチベーションがなくなってきたら、この目的を思い出してください。
そして、紙に書いて机の前などいつも見る場所に貼っておきましょう。

これを見るだけでもやる気がアップするはずです ^^

正しい方法で勉強しよう!

いくら大学でスペイン語を専攻したり、スペイン語圏に留学したり、
スペイン語教室に通っていたりしても、

スペイン語が話せるようになるとは限りません。

実際、上記のような方々は多いのではないでしょうか。

スペイン語は、特定の機関で学んだり、
ある程度の時間をかければ習得できるものではありません。

正しい方法で勉強しなければ、いつまで経っても話せるようにならないんですね。

独学だから・・・話せない…のではありません。

決して独学では習得が難しい、話すまでに時間がかかるということではないんです。

正しい方法で勉強していけば、独学でも最短2ヶ月で習得することもできるんです。

では、正しい方法とは何かと言うと、当サイトがおすすめしている

1. 語彙を増やす
2. 文法を学ぶ
3. 会話を練習する

という3つのコツを「論理的」に学習していくことです。

詳しくは、こちらで説明しています。

これら3つの要点を正しく勉強していけば、おのずと上達していくはずですよ。

独学でスペイン語を習得する心構えはできたかな?ここからは、勉強のコツを具体的に見ていくよ!

【独学で】スペイン語を最短2ヶ月で習得できるコツとは?

私もそうですが、独学でスペイン語が話せるようになった方は、
下記で紹介する3つのコツを実践していた方が多いようです。

気になりますよね? 早速、見ていきましょう!

1. 目標を決める

ただ漠然と勉強していては、何に向かって勉強していけばいいのかが分からないので、時間だけが過ぎていきます。

モチベーションとは別に、日々スペイン語を勉強していくにあたっての目標を決めましょう。

「どれくらいの期間をかけて勉強していくか」
「スペイン語のレベルはどこを目指すか」
などです。

例えば、期間は「2ヶ月」、スペイン語のレベルは「日常会話程度」を目指すなら、
2ヶ月間でどのように学習していくか道筋を立てていきましょう。

「最初の1週間で単語を50語覚える」「今週はこの文法の使い方を覚える」など
1週間で簡単に達成できる小さな目標が望ましいです。

その目標をクリアしたら、また次の目標を設定、というルーティンを作っていきましょう。1週間ごとに作っていくのが分かりやすくていいでしょう。

1週間の目標が明確になっているので、
身が引き締まりますし、何より気合いが入りますよ。

カレンダーや手帳に目標を書いていくと、1週間のイメージができるのでおすすめです。

時間を無駄にしないためにも、目標を設定しよう。ただでさえ独学で勉強を続けていくのは難しいから、確たる目標が必要不可欠だよ。

2. アウトプットする環境を作る

独学でスペイン語を学んでいる独学仲間がいれば話は別ですが、
独学だと自分が勉強したことをアウトプットする環境がないんですよね。

それを作るのも難しかったりしますし…案外勇気がいることだったりしますよね。

しかし今のネット時代、いくらでも自分で環境を作ることができます。

メル友募集サイトやSNSで日本に興味のある
スペイン人やスペイン語圏の友達を作ったり、

多少の出費はかかりますが、Skypeでのオンラインレッスンなど
ネットで調べればいろいろありますね。

ちなみに私は、メル友募集サイトでスペイン人のメル友を数人作り、アウトプットに励んでいました。

やはりネイティブと接することで、現地で使われているスペイン語を学べましたし、
メールのやり取りでスペイン語の文章力がかなり養われましたよ。

アウトプットする環境があれば、新たな視野が開けるのは間違いないですし、
スペイン語の勉強にもメリットしかありません。

スペイン語の上達のためにも、一歩踏み出してみましょう!

勉強したことをアウトプットできれば、自分がどれだけ上達しているか目に見えてくるよ。定期的にアウトプットすることをおすすめするよ!

3. 会話を練習する

単語や文法を知っているだけの机上の空論では、スペイン語が話せるとは言えません。

本当の意味でスペイン語が話せるというのは、多くの単語や文法を知っていることではなく、「ネイティブと会話ができるか」ということです。

会話力をつけるには、ネイティブと話すのが1番上達が早いですが、そのような環境を作れない場合は、スペイン語を学んでいる日本人でもいいですし、非ネイティブの外国人でもいいです。

それも難しい場合は、1人で一人二役の会話をしてみてください。

例えば、「De dónde eres?」「Soy de Japón.」というように、
会話を組み立てていきましょう。

とにかく会話を練習しましょう。これは本当に重要なことです。

ちなみに私が初めてスペインに行った時は、スペイン語が超初心者だったので、会話ができないという肩身の狭い思いを肌で感じました。

その後、留学していた時に会話するという環境を強制的に取得したのですが 笑、
日本では全くスペイン語の会話の練習はしてなかったですね。

その経験から、日本でも会話を練習すればよかったと後悔したので、
あなたにはできるだけ、日本で会話の練習をしておくことをおすすめします。

スペイン語で言いたいことを頭では分かっていても、会話となると結構難しいんだよね。練習できる場があると上達も早いよ!

会話の重要性はお分かりいただけましたでしょうか。

自分の言いたい事が言えなかったり、ネイティブの言葉が聞き取れなかったり…
こんな肩身の狭い思いをしたくありませんよね。

一刻も早くスペイン語を話せるようになりたい方は以下をご覧ください!

スペイン語をなかなか話せるようにならない人必見!!
独学ながらも、最短2ヶ月で話せるようになる格安スペイン語教材はこちらのリンクをクリック!

スペイン語の教材を見てみる

↓↓スペイン語さくっと習得プログラムの詳細はこちらの記事で↓↓

管理人が試した!スペイン語の独学勉強方法おすすめ6選はコレだ!

1. スペイン語独自のアルファベットや綴り・発音を知る

スペイン語自体は、ローマ字読みでOKですし
日本語と発音が似ているので、とても覚えやすいです。

しかし、いくつかスペイン語独自の綴りや発音があります。

文字 ポイント
ll ジャ行・ヤ行・リャ行の発音になる
y 母音の前ではジャ行・ヤ行の発音になる
ñ ニャ、ニ、ニュ、ニェ、ニョという発音になる
rr 巻き舌の発音になる
j,z 濁音にならない
d 語末のdは発音しない
h 発音しない

スペイン語では、llとyはジャ行の発音になり、

例えば「着く、到着する」という意味のllegarは「ジェガール」、
「私」の意味のyoは「ジョ」と読みます。

llやyは、ヤ行やリャ行になる地域や国もありますが、
スペインでは一般的にジャ行で発音します。

ñは、Español「エスパニョール」のようにニャ、ニ、ニュ、ニェ、ニョという発音になり、アルファベットではNとOの間にある、スペイン語独自の文字です。

そして、rが2つ並んだり、始めにrの文字があると巻き舌の発音になります。
苦手な方も多いのではないでしょうか ^^;

私も当初は苦手でしたが、スペイン語に慣れていく内に自然と言えるようになりました。「perro」や「rosa」などで言えるように練習してみてください。

j,zは、英語と違い濁音になりません。

また、gは、母音 「i」「e」 の前では濁音になりませんが、子音や母音 「a」「o」「u」の前ではガ行で発音します。
▶grande「グランデ」Argentina「アルヘンティナ」

usted「ウステ」など語末のd、hotel「オテル」などのhは発音しません。

しっかり頭に入れておきましょう。

2. 男性名詞・女性名詞を覚える

スペイン語では全ての単語は、「男性名詞」「女性名詞」に分けられています。

日本語や英語にはないシステムなので、少々ややこしく感じますよね。

基本的に、-oで終わる単語は男性名詞で、
-aで終わる単語は女性名詞となっています。

また、hombre(男性)、padre(お父さん)など男性を表わす単語、
mujer(女性)、madre(お母さん)など女性を表わす単語は、
必然的にその性に一致します。

スペイン語は単語の性によって形容詞が変わるので、
単語がどちらの性なのか覚える必要があります。

ただし、-oで終わっていても女性名詞、
-aで終わっていても男性名詞の単語もあるので要注意です。

例えば、mano(手)は-oで終わっていますが女性名詞で、
problema(問題)は-aで終わっていますが男性名詞の単語です。

ややこしいですが、その場合はひとつずつ覚えていきましょう。

3. 語彙を増やす

スペイン語を80%~90%理解するのに必要な語彙数は、
「1,500語~1,800語」です。

一説には、「1,000語」程度でも大丈夫だという説もあるようなので、
「1,000語~1,800語」を目安にして、語彙を増やしていきましょう。

50%程度で良いのなら、500語~750語くらいで大丈夫でしょう。

スペイン語の単語をほぼ知らない場合は、
単語をひとつずつ覚えていくことから始めてください。

「1ヶ月で50~100単語を覚える」と
目標を決めて増やしていくと上達が早いですよ。

市販の単語帳を購入してもいいですが、コツとしては、

自分が日々よく使う日本語の単語をスペイン語で覚え、
自分だけのオリジナル単語ノートを作っていくと覚えやすくなりますよ。

経験から言うと、日常的に使う単語、たとえば数字や曜日、食べ物や日用品、
動詞なら、行く、見る、聞く、仕事する、勉強する、

などから覚えていくと増やしやすいですね。

このように、自分がいつも使う身近な単語を覚えていくと、
日常的に語彙を増やすことができますよ。

4. 文法を学ぶ

スペイン語の文法は、
基本的に「主語」+「動詞」+「目的語や補語」の形です。

スペイン語は語順の自由度が高く、
順番が違っても意味はたいていの場合通じますので、気を楽にしていきましょう。

スペイン語には、直説法:現在・点過去・線過去・未来・過去未来、
接続法:現在・過去、現在分詞・過去分詞、命令など多くの活用形がありますが、

私が重要だと思うのは、
「現在形→過去形(点過去・線過去)→過去分詞・現在分詞→未来形」の順番です。

しかし、直説法・現在形だけを覚えてマスターすれば、
つたないスペイン語でもなんとかネイティブに通じると確信しています。

後述しますが、現在形だけ覚えれば、過去形や未来形も作れるようになりますので。

スペイン語において、最初から活用形を全て覚えようとするのは、
挫折する原因になってしまいますので、できる範囲から覚えていきましょう。

ちなみに、「ir(行く)」「ser(~である)」「hacer(する)」など、
日常的に使う動詞ほど不規則に変化する動詞が多いです。

大変ですが、それぞれ覚えていくしかありませんので、
焦らず確実に覚えていきましょうね。

5. 市販のスペイン語の本を使う

やはり、全て独学で勉強するには限界がありますので、
市販されているスペイン語の本を使いましょう。

私は、「スペイン語の入門《CD付》」という本を持っています。
定番の入門書として有名な本ですが、2015年に新版されたようですね。

スペイン語のアルファベットから単語のつづり、初歩的な現在形等の文法はもちろん、接続法:現在・過去など難易度の高い文法も網羅しています。

使いやすく分かりやすい定評のあるロングセラーですので、
スペイン語を勉強するなら必ず持っておきたい1冊です。

6. 管理人が使っていたスペイン語の教材を使う

スペイン語をある程度話せるようになって分かるのですが、
何もかも独学で勉強するのは限界がありますし、かなり難しいです。

周囲にスペイン語を勉強している仲間がいなかったら、
さらに挫折しやすくなってしまいますよね。

だからと言って、スペイン語教室に通うのはお金がかかってしまいますし…

その上、スペイン語教室は他の生徒さんもいるので、
自分のペースで勉強できるというわけではありませんよね。

そこで出会ったのが、スペイン語さくっと習得プログラムという教材でした。

16,800円(税込)ほどする教材ですが、

1ヶ月に2万円、1年で約28万円もの費用がかかるスペイン語教室に比べたら、格安で学ぶことができました。

何より、教材に従って自分のペースで勉強できたので、とてもいい方法でしたね。

この教材は、最短2ヶ月でスペイン語を習得することを目指しており、

過去形や未来形の活用を覚えなくても現在形だけを覚えることで、
過去や未来の話にも対応できるノウハウ

なんかも書かれてあり、大変勉強になりました。

素早く格安でスペイン語を学びたい方におすすめですよ。

スペイン語の教材を見てみる

↓↓スペイン語さくっと習得プログラムの詳細はこちらの記事で↓↓

まとめ

いかがでしたか。

スペイン語を独学で勉強するコツや心構えについて参考になりましたでしょうか。

1. 目標を決める
2. アウトプットする環境を作る
3. 会話を練習する

これらのコツを3つ覚えて、上記で紹介した勉強法で日々学んでいけば、
独学最短2ヶ月でスペイン語を習得するのも夢ではありません。

スペイン語の習得に近道はありませんが、
努力次第でいくらでも上達します。

そのためには、モチベーションの維持が必要不可欠ですので、
最初にスペイン語を学ぶ目的を明確にして、最終的な目標を設定しましょう。

どうやって勉強していこうか迷っている方、悩んでいる方は、
管理人が使っていたスペイン語の教材を検討してみてもいいでしょう。

いきなりスペイン語教室に行っては、
周りについて行けずに挫折してしまうかもしれません。

教材なら独学で自分のペースで勉強できますし、
分からないところもじっくり時間をかけて進められます。

何より、格安でスペイン語が学べるのでおすすめですよ。

スペイン語の教材を見てみる

↓↓こちらの記事も参考にどうぞ↓↓

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたが独学でスペイン語を最短で習得できるように、ぼくが応援してるよ!また何かあったら来てね!

↓↓こちらの記事も参考にどうぞ↓↓

基本的なスペイン語の勉強法についての記事です。


スペイン語の勉強が初心者の方向けの記事です。

スペイン語の映画やドラマで勉強してみましょう!

スペイン語を話せる芸能人を知りたくないですか。

2019年2月4日スペイン語の独学おすすめ勉強方法について

Posted by Rosa